2009年 11月 01日

[11/19-20:東京]「大きく変わるIFRS(国際財務報告基準)とIFRSがシステムに与える影響」セミナー開催のお知らせ

社団法人企業研究会において、弊社代表取締役が副代表理事を務めております「特定非営利活動法人 日本IT会計士連盟(略称:ITCPA)」協賛にて、11月19日から「大きく変わるIFRS(国際財務報告基準)とIFRSがシステムに与える影響」セミナーを東京にて開催します。

 

概要は下記の通りです。詳しくはこちらへ。

-----

●日時:11月19日(木)10:00~17:00

    第1部(10:00~12:00)
       「IFRSの概要と日本の企業経営に与えるインパクト」
        
        講師:中原 國尋 氏
     
    1.IFRSの概要
    2.日本版ロードマップ(日本のIFRS対応の動向)
    3.企業経営に与えるインパクト


    第2部(13:00~14:50)
       「財務諸表の表示に関するDP(ディスカッション・ペーパー)から
                          会計システムに求められる要件を考える」
        講師:小田 恭彦 氏

    1.IFRSの基準とDPの解説
    2.IFRSの会計システムに与える影響


    第3部(15:10~17:00)
       「収益認識に関するDP(ディスカッション・ペーパー)の概要と
                         業務プロセスおよび販売システムへの影響」
        講師:長谷 友春 氏

    1.収益認識に関するDPの概要
    2.業務プロセスに与える影響
    3.販売システムに与える影響


   ●日時:11月20日(金)10:00~17:00

    第1部(10:00~12:00)
       「有形固定資産の処理とリースに関するDP(ディスカッション・ペーパー)から
                         固定資産管理システムに求められる要件を考える」
        講師:坂尾 栄治 氏

    1.IFRSの基準とディスカッション・ペーパーの解説
    2.IFRSの固定資産管理システムに与える影響
    3.その他の論点

  
    第2部(13:00~14:50)
       「棚卸資産の範囲及びその原価算定方法の変更が必要になった場合の
                            業務プロセスおよび情報システムへの対応」
        講師:高見 亮 氏
 
    1.IFRS基準の解説
    2.原価算定方法等の変更に関するシステム対応
    3.販売システムとの関連性

 
    第3部(15:10~17:00)
       「IFRSプロジェクトの立ち上げとIT化のポイント 
                           -本格適用に向けたシステム側の取り組み‐」
        講師:原 幹 氏

    1.IFRSに対応するITの実現
    2.IFRSプロジェクトの推進

タグクラウド